2012年08月10日

灰色の世界

 1年ぶりに会う彼女は、淡い水色のワンピースを着ていた。彼女の白い肌によく映えて、昔と変わらずにどこか幼く、可愛らしいままだった。
 私の顔を見るとすぐに、彼女は瞳を輝かせ、私の名前を呼びながら駆け寄ってくる。
「久しぶり。元気だった?」
 「うん」と小さく頷く。続く言葉が思いつかず、私は黙ってしまう。私の思いにも気付かず、彼女は私の着ているものに興味を示したようだった。
「このスカート、可愛いね」
 彼女は手触りを確かめるように細い指で私のスカートを摘む。
 そうして、それが当然であるかのように笑顔で私に尋ねる。
「ねえ、これ、何色?」続きを読む
posted by しょこ at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。