2009年03月28日

レベルアップ

 俺たちはパーティを組んで旅をしていた。マジシャンやメディスンもいるお陰で、俺たちはかなり有名なパーティになっていた。有名なドラゴンなんかも倒した。
 けれども一向に、俺のレベルは上がらなかった。高い経験地がもらえるボス戦では必ず、バトル中盤で気絶してしまうからだ。気がつくと他のメンバーが無事に経験を積んでレベルを上げている。俺だけがレベルが低かった。
 俺はその事実を気にし始め、ボス戦には気を引き締めて望むようになった。しかし、どうしても後ろからの攻撃に気がつけない。敵の動きはしっかり見ているはずだったのに。この職業が向いてないのかもしれない。今時剣士なんて……、古典的すぎるのだろうか。
 ある日のことだった。その日もボスと遭遇し、俺たちはバトルを開始した。試合中盤、俺は仲間に声をかけるために振り向いた。
 俺の後頭部めがけて杖を振り上げるメディスンの姿があった。

 俺はそのパーティから抜けた。
 一つレベルが上がったと思う。

低レベルプレイって言うのよ。
posted by しょこ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | SS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116350943
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック