2009年05月04日

めんどくさい男

 彼は、律儀な男だった。いかにもA型といった感じで、優しくて、かっこよくて……。女友人の恋人たちはみんな、彼氏が雑だとかプレゼントをくれないだとかで悩んでいるけれど、彼は違った。付き合った記念日も、誕生日も、クリスマスも……。一度も忘れたことはなかった。私はそんな彼が大好きだった。
 けれど、彼を昔から知る人たちは口々に、「彼と1年以上付き合うのは無理だ」と言う。私が「どうして」と尋ねると、みんな口を噤んでしまう。「彼は優しくて素敵な人よ」というと、「そうだろうね」と言って苦笑いする。そうして半年のお祝いも、一年のお祝いも迎えた。
 おかしいなと思ったのは、本当に1年過ぎたころだった。その頃から、彼は少しずつイライラするようになっていった。
「ねえ、君は今日何の日か覚えてないの?」
 そんなふうに私に何度も尋ね始めた。一年の記念日も終わったし、誕生日も違う。私は何度も首を傾げた。
 そうして、彼は遂に私に対して怒りを露にした。
「どうして君は何も覚えていないんだ!?」
「だから……なんのこと? 何の日だって言うの?」
「決まってるじゃないか、今日は! 付き合い始めて初めて君と長電話した日だよ!」
 
 彼と別れてから、彼の知り合いと会うことがあった。私が別れたという話をすると、彼は「そうだろうなあ」と苦笑いをした。
「言っていいことかどうかわからないが……。あいつに恋人ができたらしい」
 そうですか、と言って笑った。未練は少しもなかった。
「その女性……、自分が今過ごしてる全てのことが記念日になってることに、気付かずに生きるんですね」
 そうだろうなあと言って笑った。
posted by しょこ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | SS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック