2007年03月25日

お姫様同盟その1

「人魚姫を初めに可哀相だと言った人は誰なのかしら」
 彼女は突然ぽつりと呟いた。
 彼女は最近グリム童話にはまっている。それは「本当は怖い」ほうだったり、あたしが昔聞いたことがあるほうだったりといろいろなのだけど、少なくともあたしを怖がらせて遊んだりはしない。
「好きな人を思ったまま死ねたら、それってすごく幸せなことだわ」

 時々彼女はあたしの知らないどこか遠くに行ってしまうことがある。あたしの知らない彼女はどこかとても寂しそうで、それでも彼女を助けることはできない。

「もしもあたしが人魚姫の姉なら、王子もあの魔女もどっちも殺して、人魚姫を助ける」

 なんとなく彼女が人魚姫な気がして、ぽつりとそう呟いた。
 どうか彼女を連れて行かないで。
 
 彼女は本当は幻で、明日にでも消えてしまいそうで怖い。
posted by しょこ at 11:38| Comment(0) | TrackBack(1) | SS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: 人魚姫人魚姫(にんぎょひめ、原題:''Den Lille Havfrue'')はデンマークの代表的な童話作家・詩人であるハンス・クリスチャン・アンデルセン原作の童話。1836年発表。.wikilis{..
Weblog: 童話について
Tracked: 2007-10-04 15:48